ご家庭でできる災害への備え

1人1日3リットルの汲み置きを

飲料水は、大人1人に対して1日3リットルが最低限必要であるとされています。日頃から飲料水の備蓄に心がけてください。一般的に、飲料水は、直射日光の当たらない風通しの良い場所にポリ容器などに入れて保管しておけば、3日程度は保存できます。保存期間が過ぎたら、雑用水に使用し、入れ替えをしてください。(保管容器はいつも清潔にしてご利用ください)

また、風呂の残り湯は生活用水や初期消火に大変役立ちます。日頃から水を溜め置きされることをおすすめします。(災害時に断水した場合には、風呂の残り湯をバケツなどで汲み、便器の中に直接水を流し込むと、水洗トイレの洗浄レバーを廻した時と同じように洗い流すことができます)

 ※大雨時にトイレが流れない場合の対処法については、こちらもご覧ください。

(C) Saga City Waterworks and Sewerage Bureau. All rights reserved.