水道管の凍結にご注意ください


気温がマイナス4度以下になると、防寒の不完全な水道管は、凍ったり、破裂したりします。平成28年1月の寒波では多くの家庭内で水道管の凍結や破裂が起こったため、配水池の貯水量低下により、やむを得ず断水せざるを得ない地域がありました。

水道管の凍結が見られるのは、次のようなところです。

 

  1. 水道管がむき出しになっているところ
  2. 水道管が北側にあるところ
  3. 風あたりの強いところにある水道管

 

 水道管や蛇口が破裂した場合は、メータボックス内の元せん(止水栓)を閉めて、破裂した箇所に布、テープ等をしっかりまきつけて市指定の給水装置工事事業者へ修理を依頼(有料)してください。

    熱湯NG!

水道が凍って出ないとき

蛇口を開けて、タオルをかぶせ、その上からゆっくりとぬるま湯をかけて溶かします。熱湯をかけると破裂やヒビ割れすることがありますので、ご注意ください。 ぬるま湯

防寒のしかた

市販されている保温材を巻きます。
蛇口が破裂しやすいので、絵のように完全に包んでください。
保温材
手近なものとして、毛布、布などを利用してください。
なお、これらが濡れないように、上からビニールなどを巻いてください。
ビニール
メーターボックスの中に使い古しの毛布や布切れなどを入れ、
メーターボックスの上にダンボールなどをのせて保温してください。
ダンボール

一口メモ

お風呂の残り湯の有効利用
水道が凍結し使用できない場合でも、水洗トイレ用等に役立ちます。

 

防止方法

翌朝の冷え込みが予想される場合は、夜寝る前に蛇口の水をマッチ棒程度に出しておくと凍結防止に効果的です。

 

※出した水には料金がかかりますので、出し過ぎ、蛇口の締め忘れにはご注意ください。

 

(C) Saga City Waterworks and Sewerage Bureau. All rights reserved.